フルタイム勤務が難しい薬剤師さんに朗報です!

アルバイト薬剤師でも優遇されている実態

女性の場合は、結婚や出産や子育てがあり一度退職するケースが多いです。 そして子育てが一段落すると再就職になるのですがフルタイム出勤が厳しいのでどうしてもパート勤務になりがちです。 けれどもパート勤務でも薬剤師資格があればとても有利です。

ここでは、薬剤師はパートでも優遇されている実態をご紹介しましょう。

もともと薬剤師として仕事をしている人は女性比率が高く約70%のシェアがあります。 薬剤師は女性が多い職業です。 薬科大学や大学の薬学部の段階では女子学生が6割程度、男子学生が4割程度の比率です。

これが病院・調剤薬局・ドラッグストアになると70%から80%が女性になります。 男性は企業に就職することが多いから女性比率が多くなっているのです。 女性に人気の薬剤師ですが結構早めに結婚される人も多く子育てがあるので必然的にパート薬剤師が増えます。

でもアルバイト薬剤師はコンビニの店員などのパートとは時給水準が全然違って大体が2000円程度の時給になります。これが田舎などになるとパート薬剤師も少ないので時給2500円ぐらいになり、僻地だと4500円なんていう例もありました。そして、勤務時間もドラッグストアに入れる時間だけでOKとなるケースが多いです。
パート薬剤師の保険加入について

薬剤師がいなければ薬の販売ができなくなります。 パート薬剤師がいなければ正社員の薬剤師は休憩も取れなくなるのです。 最悪の場合は店舗を閉めなければならなくなります。

パートであろうが正社員であろうが薬剤師がいなければ絶対に駄目なのです。 本当に一店舗だけの場合は店を閉めることになります。 閉められない事例としては大規模なスーパーマーケットにドラッグストアが有る場合です。

「今日は薬剤師がいないから……」という理由でスーパーマーケット全体を閉めるわけにはいきません。 そういったケースでは高い給料を出してでも何とか雇わなければならないのです。 立場的にはパートでも薬剤師であるというだけで有利になるということです。

福岡県薬剤師会